前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

5160 ご安心ください。
2010/12/20(月)07:23 - 若大将 - pl1033.nas927.p-fukuoka.nttpc.ne.jp - 5299 hit(s)

引用する
現在のパスワード


おはようございます(^O^)/
初めまして(*^^)v

ご検討ありがとうございます。

> 防カビ加工、抗菌処理などの、人体に負担となる恐れのある処理はされていないと理解しましたが、
> それは、独自に開発されたスザキーズ布団のみならず、インビスタ布団と防ダニ布団なども同様と考えてよろしいのでしょうか。

もちろんです。
ご安心ください。

> また、もしおねしょなどをして汚した場合に、雨が降っていて
> 洗っても乾かないかもしれない日や、朝から出かけなくてはならず時間がない日などで、
> その日に洗えなかったりとすると問題でしょうか。

それは、普通の布団と同じように
オネショをそのままにすると
臭いが残るのは避けられません。

応急処置だけでも出来ればいいのですが、
http://blog.livedoor.jp/futoneye/archives/297507.html
出来るだけ早く洗って干して頂くのが1番ですね。


> また、毎日でもなにかで汚した場合は、毎日でも洗ったほうがよろしいのでしょうか

その都度洗うのは非現実的ですね。
前述のように応急処置的な部分的対処でいいと思いますし、

洗える布団と言っても
カバーは必須です。

そして、カバーを最低でも週に一度はお洗濯して下さい。

また、カバーをすると保温力も増します。

布団を定期的に洗う頻度としては、
年に4〜6回程度をお勧めしています。

有事の時は別にして(^^ゞ

あと、布団の管理法として1番大事なことは、
布団干しです。

理想は短時間の布団干しをまめに!
布団乾燥機でも可です。

> (布団の傷みと、体への影響の両面からお教えください。)。

洗う頻度が多過ぎれば、生地の傷みは当然比例します。
洗わなくては効果が無いという布団ではなく
もともと、ダニが付き難く、埃が出難いアレルギー対策布団ですが、
ダニアレルゲン(死骸や糞)は、水に溶けて洗い流せますので、
定期的に洗われると効果的です。

人体への影響はご心配なく(^^)v

以上、お答えになりましたでしょうか?

今日も良い日でありますように(^.^)/~~~




〔ツリー構成〕

┣【5160】 ご安心ください。 2010/12/20(月)07:23 若大将 (1672)
┣【5161】 re(1):ご安心ください。 2010/12/20(月)09:10 年の瀬ですね (167)
┣【5162】 完全脱着式敷き布団でしたらバラバラに分解した後に(^_-)-☆ 2010/12/20(月)09:35 若大将 (314)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.